アワビ・サザエ・伊勢えび・活魚

ナベスイ通信

ホーム > ナベスイ通信 > 伊勢海老はなぜ縁起物?生態や名前の由来、美味しい食べ方について紹介

伊勢海老はなぜ縁起物?生態や名前の由来、美味しい食べ方について紹介

2018.08.17

伊勢海老

日本では高級食材としておなじみの伊勢海老、お祝いや贈り物として重宝されています。俳句では新年の季語らしいです。名前から三重県を連想しやすいですし、三重県の魚にも指定されていますが、千葉県も代表的な産地です。

生態

茨城県以南の太平洋側、九州、朝鮮半島南部の沿岸と、熱帯域の浅い海に生息します。夜行性で昼間は岩棚や岩穴に潜んでいます。夜になると周辺を歩いて餌を探します。

肉食性で、小動物や貝類を主に捕食します。貝は頑丈な顎で殻を壊して中身を食べます。海藻を食べる事もあるそうです。それってもう雑食なのでは…

名前の由来

名前の由来は諸説あるようです。

  • 伊勢地方の海で多くとれたことから「伊勢」の名前がついた説。
  • カブトが甲冑に似ていて「いせい(威勢)がいい海老」が縮まって「いせ海老」と呼ばれるようになった説。
  • 産卵期は磯にいることが多いため、「いそえび」が訛って「いせえび」となった説。

どれも信憑性がありますが、真相は分かっていません。

縁起物としての伊勢海老

縁起物とされている所以が多々あります。

日本では赤と白はおめでたい色とされていますね。他にも赤は魔よけの色とされているそうです。神社の鳥居や還暦のちゃんちゃんこが赤いのも、同じ理由からです。

長寿の象徴

長いひげと曲がった腰から長寿を連想させるということで縁起がいいとされています。実際に20年以上生きる個体もいるとされています。(伊勢海老は身体に年齢を判断できる部位がないため、正確な年齢は判断できないそうです。)

立身出世

脱皮を繰り返し成長をしていくことから、立身出世の縁起物とされています。

武運長久

見た目から具足や鎧をつけた武将の姿を連想させるため、武人としての命運が長く無事に続くように武運長久の意味を持っています。

食べ方

知名度は高いけれど、なかなか食べる機会がないのが実情です。そんな伊勢海老をもう少し身近に感じて欲しいという事でメジャーな食べ方をいくつか紹介します。

  • ボイル
  • 鬼殻焼き
  • マヨネーズ焼き
  • お刺身
  • 具足煮
  • 伊勢えび汁

※伊勢海老にはトゲがあるので、ケガをしないように軍手やタオルを用意した方がいいでしょう。

ボイル

  1. 鍋に水を張り、塩(水に対して3%程度)、日本酒を少々いれます。
  2. 伊勢海老を入れます。あばれるかもしれないのですぐに蓋をして押さえてください。
  3. 吹きこぼれない程度の火力で、沸騰してから8分程度ゆでたら出来上がりです。(ゆでる時間は大きさによって多少異なります。沸騰して8分はすぐに食べるに場合、保存する場合は弱火でもう5分茹でて下さい。)
  4. 伊勢海老の裏側、胴体の凹んだところに包丁を入れ、タテに半分にします。
  5. 背ワタを取ります。
  6. 盛り付けて完成です。

1~5の手順まで出来たら鬼殻焼き、マヨネーズ焼き、タルタル焼きなど、アレンジは多様です。

鬼殻焼き

  1. たれをつくります。醤油:2、みりん:2、酒:1の割合で15分程煮立てます。(お好みで砂糖をいれてもいいでしょう。)
  2. たれを塗る前に3分程素焼きします。その後たれを塗って2回繰り返し焼きます。焦げ目がついたら出来上がりです。
  3. 盛り付けて完成です。

マヨネーズ焼き

  1. 伊勢海老の身にマヨネーズを塗り、パセリを振りかけます。
  2. オーブンで焼き、焦げ目をつけたら出来上がりです。
  3. 盛り付けて完成です。

お刺身

  1. 氷水で伊勢海老をしめます。
  2. 頭と胴体を分けるため、頭と胴体の境目に包丁を入れます。
  3. 胴体を回すようにして、頭から引き抜きます。
  4. 背殻と腹皮の境のふちに沿って包丁を入れます。
  5. 向きを変えて反対側も同じように包丁を入れます。
  6. 腹皮を引きはがします。
  7. スプーンを使って背殻から身をはがします。
  8. 身から背ワタを取ります。
  9. 身を氷水に3分程入れます。こうすると身が引き締まります。この際、日本酒を少し入れるとさらに良いです。
  10. 盛り付けて完成です。

具足煮

具足は日本の甲冑や鎧・兜の別称です。伊勢海老のカラを鎧に見立てて、具足という名称が使われています。

  1. 伊勢海老の胴体をぶつ切りにします。頭はたてに2つ切りにすると食べやすいです。
  2. 鍋に醤油:1、みりん:1、酒:1、砂糖:少々を入れ、煮立たせてから伊勢海老を入れます。甘辛く濃い目でたきあげると美味しいです。
  3. 盛り付けて完成です。

伊勢えび汁

  1. 伊勢海老の頭を裏側からたてに半分に割ります。
  2. 水を入れた鍋に伊勢海老を入れます。そこに日本酒を入れ、火をつけます。
  3. 煮立ってきたらアクを取り除きます。(約15分)
  4. 味噌を入れます。(旨み調味料を少し入れてもいいです。)
  5. 豆腐、ネギを入れてひと煮立ちで完成です。野菜はお好みで、大根、人参、えのき等を入れても美味しいです。

 

千葉県産の美味しい伊勢海老はこちら